人間だもん。

なんにも考えてないわけじゃない。
たまにはいろいろ考えてるよ。
たまには、ね。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ニライカナイ | main | わたしの特技 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています




| 2012.04.05 Thursday () | - | - | - |
5月下旬の読書記録

はーーー今週のバイトが終わってほっとしています咲です、こんばんは。
最近仕事のミスがある気がしてしょうがありません。
いや、ないはずなんだけどね。あるような気がする。ていうかわたしが気づいてないだけ…?
と、若干疑心暗鬼。

さて、5月下旬の読書記録。

○放課後の音符 / 山田詠美
○植物図鑑 / 有川浩
○ラブコメ今昔 / 有川浩
○宵山万華鏡 / 森見登見彦
○クジラの彼 / 有川浩

このときは有川浩が多いですね。
学校の図書館に「学生推薦図書」なるコーナーがあるのですが、そこで有川浩が大プッシュされていました。
「ラブコメ今昔」「クジラの彼」はそこで借りたものです。
「植物図鑑」は友達が貸してくれました。

「放課後の音符」は「吉野北高校図書委員会」シリーズでとりあげられていて、
主人公の子が後輩にお勧めとして貸し出していたもの。
高校生が読むには若干はやいかな?と思われる描写もなきにしもあらずなのですが、
読書好きな子ならこのくらい平気だろうな なんて思えるし。
(わたしも高校時代にこの本に出会っていても、何のてらいもなく読めそう。笑)
ただ、ものすごい時代背景を感じる本でした。もう20年弱も前の本なのね。

「宵山万華鏡」はやっぱり京都の祇園祭に2回行っている分だけ、想像がしやすい!
何百年も続いている祭りを題材に、あんなにもおもしろおかしく、そしてぞっとする作品を作れる森見登見彦さんはさすがです。
あの文体はどこから出てくるんだろう。あの発想力はどこから出てくるんだろう。
前に書いたような気もしますが、彼のブログも必見です。

このころから手芸をちまちまやっているので読書数は減っているのですが、
その代わり濃密な本をいっぱい読んでいるような気がします。
満足満足♪




















さっそく図書館で本の予約をしてきちゃいました!
横のブログランキングをクリックして応援してくださると嬉しいです☆




| 2010.06.11 Friday (00:27) | *読書* | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト



| 2012.04.05 Thursday (00:27) | - | - | - |
Comment
Comment









Trackback URL
http://8-kikki.jugem.jp/trackback/589
Trackback
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND

 
RANKING*COMMUNITY
COUNTDOWN*



LOVE & LIKE






ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」




SNOOPY.co.jp



PICTURE BLOG
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS